第2128回例会報告[2021年6月25日(金)]

会長の時間

 上林史和 会長

みなさんこんにちは。地区大会明けの4月9日以来、約75日ぶりのグランドホールでの例会となりました。久々にみなさんのお元気な姿を見て大変うれしく思っておるところではございますが、本日が私と山元幹事年度の最終例会となります。1年間ご協力をいただきありがとうございました。

まさにコロナに翻弄された1年でしたが、振り返りますと、昨年7月の初例会、お正月の新春例会、3月の地区大会準備の例会、そして本日の最終例会と、節目ふしめで通常例会が開催できたという運もありました。退任の挨拶につきましては卓話の時間にのちほどあらためてお話しさせていただきますのでよろしくお願いします。

 

地区大会の記録誌が出来上がりまして本日配布させていただいております。皆様のお姿もところどころ掲載されておりますのでぜひご覧ください。

 

最後に残念なお話しですが、坂本道子会員が本日で退会されることとなりました。お話しさせていただもロータリーに対するお気持ちは今もまったく変わっておられないようなのですが、足の具合がどうしても芳しくないということでこのような形となりました。詳しくはのちほど坂本道子会員からご挨拶をいただきます。退会となられましても岸和田東ファミリーですので、これからも皆様お付き合いをよろしくお願いします。

卓話

「会長・幹事 退任のあいさつ」

上林史和 会長

上林史和 会長

皆様こんにちは。

コロナ真っ只中の1年でありました。皆様それぞれに大変な思いをされたここと思います。特に飲食関係、また医療関係の皆様方におかれましては感染のリスクもある中、大変なご苦労だったかと思います。そんな中、今年も1年間クラブ運営にご協力いただきましてありがとうございました。会員の皆様にはほんとうに感謝の一言です。まずは心よりお礼申し上げます。

 

LINEの導入やzoom例会といった新しいことを取り組む際には、みなさんやっていただけるかなという気持ちも少しはありましたが、それよりもうちのメンバーならきっと参加してもらえるという気持ちのほうがよっぽど強かったです。みなさん積極的に参加いただいたおかげで1年間バトンをつなげてこれたと思います。本日、最後には皆さんにお目にかかってお礼を言うことができて大変嬉しく思います。

 

奉仕活動といたしましては、令和2年福岡・熊本豪雨災害義援金を2640地区を通じて被災地へお届けいただきました。また新型コロナウイルス感染防止対策に役立てていただくため、岸和田市内の保育所・幼稚園・小学校・中学校・高校、計113箇所に非接触型体温計を寄贈いたしました。これは前年度の山本新一郎会長、坂本光文幹事年度からスタートしました事業を引き継いだもので、今年度はそこにロータリー財団の地区補助金を申請して予算を増して実現したものです。このロータリー財団の補助金は、イントラムロスとの一連の共同事業でも生かされておりますが、原資は我々自身が納めているロータリー財団の寄付金ですので、積極的に活用すべきものであります。

締め切りが早めですので、できれば年度開始前に企画ができていることが望ましいと思われます。また職業奉仕の取り組みとしては、会員各自の職業に関する思いや、事業所に掲げられた理念をまとめ共有させていただくことで、職業奉仕の理解を深め、より一層の社会貢献ができるよう情報提供させていただきました。

 

反面、親睦活動が実施できず、ご家族の皆様にごあいさつさせていただくことも叶いませんでした。ご家族の皆様のご理解あってのロータリーですので、ぜひよろしくお伝えいただければと思います。その他予定していた奉仕活動や45周年記念例会も開催できませんでした。また昨年9月には夏原会員がご逝去されるという悲しい出来事もありました。深井会員、竹本会員、本日の坂本道子会員のご退会がありました。反面増強活動はなかなか実施に至らず大変申し訳なく思います。次年度の宿題となってしまいましたが、またみんなで力を合わせてによろしくお願い申し上げます。

 

さて、今年度はなんといっても藤井秀香ガバナーの輩出という、大変大きなトピックがございました。コロナ禍という重圧の中、大変なご苦労があったと思います。お勤めいただきましてありがとうございました。そして本当にお疲れ様でした。藤井秀香ガバナーにはのちほどご挨拶いただきます。

また、それに伴いまして、我々のクラブから全部で27部門の地区役員、委員を輩出しお勤めいただきました。特に代表幹事をお勤めいただきました大石会員、それを引き継いでいただきました池内会員にはお世話になりました。

 

2020年3月28日(日)南海浪切ホールにおいて地区大会のホストクラブをつとめました。今回の大会は新型コロナウイルスの感染に左右されることとなり、何度も日程や企画内容の変更、修正を迫られました。結果的にゴルフ大会は中止、地区大会は会場参加者をクラブ会長・幹事、地区役員等に限定して開催、後日会員の皆様に動画配信という形式となりました。そして迎えた地区大会では、前日の設営・リハーサル、そして当日の全員での素晴らしい運営に結びつくという、まさにチームの力、岸和田東RCの素晴らしさを実感できました。会員全員のおかげで無事にホストクラブの努めをはたすことができました。

 

最後に幹事を務めていただきました山元芳裕会員ありがとうございました。私が会長を務めさせていただくことが決まってすぐに山ちゃんに幹事をお願いしました。山ちゃんは私より年齢は上ですし、様々な地域のリーダー経験もあります。山ちゃんがいてくれることで安心して会の運営をさせていただくことができました。

それと、毎週木曜日にオンラインで集まって翌日の例会の準備をしていただいた事前会議のメンバー、山元幹事、SAAの川口会員、上田会員、エレクトの岡本会員、副幹事の佐藤会員に大変お世話になりました。そして今年度を支えていただいた理事役員、各委員長の皆様ありがとうございました。

そして事務局の佐藤さんには、オンラインの新しい取り組みに、地区大会事務局にと本当にお世話になりました。1年間ありがとうございました。

 

岸和田東ロータリークラブは本当に素晴らしいメンバー、素晴らしいクラブだとあらためて実感させていただいた1年でした。皆様ほんとうにありがとうございました。次年度の岡本会長、佐藤幹事も同様によろしくお願い申し上げます。

 

  山元芳裕 幹事

昨年度より長引くコロナ禍の影響で思うところのロ-タリ-活動や会員相互の潤滑な活動のお手伝い等、幹事としての役割を発揮することなく一年が過ぎ去ってしまいました。

年度当初には、台湾国際大会への旅行のお手伝いや、地区大会のお手伝い、等等、計画も致していましたが、残念な思い出だけが残る幹事の一年でした。

上林会長はじめ、理事役員の皆様、会員の皆様のご理解を頂きご挨拶とさせていただきます。

有難うございました。

トピック

記事はありません。